アンドレア・ブルガー

  • ヴィオラ
アンドレア・ブルガー

ニュース

アンドレア・ブルガーが所属するピアノ四重奏団「ノートス・クァルテット」が、中国のハルビンで開催された「2016年度アリス&エレノア・シェーンフェルド国際弦楽コンクール」の室内楽部門で、見事第1位を獲得いたしました。
THE VIOLIN CHANNEL


-出演情報
ヴィオラスペース2017 vol.26
フランスが生み出した芸術音楽 
“ESPACE D’ALTOS”

5月27日(土)&28日(日)13:00-18:00
若手演奏家のための公開マスタークラス
5月30日(火)19:00
コンサートⅠ「フレンチ・タッチ」
5月31日(水)19:00
コンサートⅡ「フランス万歳」
上野学園 石橋メモリアルホール

公演詳細

アンドレア・ブルガー
Andrea Burger

2015年第3回東京国際ヴィオラコンクール第1位、併せて名古屋フィル賞、Tarisio賞、ヴィオラ賞等受賞。スイス出身。その豊かな表現力と詩的な演奏スタイルは、新しい世代を代表するヴィオリストのひとりとして聴衆や評論家たちから絶大な支持を得ている。

今井信子、トーマス・リーブルに師事し、さらにローレンス・パウワー、ガース・ノックス、フェレンク・ラドシュ、ギュンター・ピヒラー、ガーボル・タカーチ=ナジ、ミケランジェロ弦楽四重奏団などのもとで音楽的研鑽を積んだ。現在ヨーロッパ各国や米国、アジアで演奏活動を行っており、定期的にリサイタルを開催、主要な国際フェスティバルや、原田幸一郎やコルネリウス・マイスターといった著名な指揮者によるオーケストラ公演にもソリストとして参加している。また室内楽をこよなく愛するブルガーは2015年よりノートス・クァルテットに加入。ベルリンを拠点とする同ピアノクァルテットはこれまで数々の受賞歴を誇る。

2016年5月の来日では、名古屋フィルハーモニー交響楽団定期演奏会にてシュニトケのヴィオラ協奏曲を演奏、また、ヴィオラスペース2016へ出演。

公演映像を「テレビマンユニオンチャンネル」にてご覧いただけます。


バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番
第25回記念 ヴィオラスペース2016
ヴィオラ:アントワン・タメスティ/アンドレア・ブルガー
ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井 茂/折口未桜
チェンバロ:桒形亜樹子 桐朋学園オーケストラ
[2016年6月1日 上野学園 石橋メモリアルホール]



ブラームス:ヴィオラソナタ ト長調 
ヴィオラスペース2015 vol.24 第3回東京国際ヴィオラコンクール
入賞記念コンサート
ヴィオラ:アンドレア・ブルガー ピアノ:関谷由美
[2015年6月7日 上野学園 石橋メモリアルホール]

top