松本和将

  • ピアノ
松本和将

松本和将
Kazumasa Matsumoto

幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。2001年ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、2003年エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞。ソロ、オーケストラ共演、室内楽、多彩な輝きを放ち続けるピアニストとして、観客はもちろん、世界中の演奏家達からも注目を集めている。2009年から3年連続のオールショパン・プログラムにて全国ツアーを行い、2016年より「松本和将の世界音楽遺産」と名付けたリサイタルシリーズを開始。

これまでにプラハ交響楽団、プラハ・フィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東響、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。世界的指揮者の小林研一郎、飯森範親、広上淳一他とも共演している。
室内楽の分野においても共演者からの信頼は厚く、ベルリン四重奏団、イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)、前橋汀子(ヴァイオリン)、宮本文昭(オーボエ)、趙静(チェロ)、漆原啓子(ヴァイオリン)、渡辺玲子(ヴァイオリン)、小林美恵(ヴァイオリン)、松田理奈(ヴァイオリン)、中嶋彰子(ソプラノ)、藤木大地(C-Ten)との共演が好評を博している。

2010年より上里はな子、向井航とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島を始めとする6都市で全国ツアーを行い、2016年には京都フィルとベートーヴェンの三重協奏曲を共演。これまでに2枚のレコード芸術特選盤(『展覧会の絵』『後期ロマン派名曲集』)を含む21枚のCDをリリース。100年以上前にカーネギーホールなどで数々の歴史的巨匠に弾かれたニューヨーク・スタインウェイの銘器、[CD368]の底なしの響きを引き出した『展覧会の絵〜松本和将ライブシリーズ7』はレコード芸術特選盤に選ばれ高く評価される。2009年よりコンサートでの臨場感をそのまま録音するべく始まったこのシリーズには他に、3枚のショパンアルバム、「月光」「熱情」「テンペスト」「子供の情景」「ブラームス:ピアノソナタ第3番」などのドイツ作品中心のアルバムがある。2019年
4月上里はな子とのデュオによる「本気の」小品集『エストレリータ』『シャコンヌ』も2枚同時発売された。名古屋音大ピアノ演奏家コース客員准教授として、後進の指導にもあたっている。

top